漢字辞典
- 古代中国発祥の至宝 -
-画数と意味を知る漢字の世界-

  • Image 01

    古代中国黄河文明で生まれた漢字

  • Image 02

    その数10万を超えるとされている

  • Image 03

    各漢字は奥深い背景と意味を持つ

  • Image 04

    漢字の背景にある深い世界に迫る

漢字辞典 > 漢字の詳細検索 > 「元」の意味と画数
 

■漢字の詳細検索 目次


■「元」の意味と画数

「元」の漢字の意味や画数の詳細解説になります。 元の意味や画数、読みや五行などを確認することができます。 元の意味の良さや相性の良い漢字やなども確認することができます。


▼「元」の意味と画数

「元」の意味と画数

「元」の意味と画数

■「元」の意味と画数 漢字の詳細

▼漢字の適性と画数・部首
■常用漢字
■画数 : 4
■部首 : ひとあし にんにょう
五行 :  木 
命名適正 : 最良
▼漢字「元」の意味

根本 根源 作用の起こるところ


▼漢字「元」の音読み(カナ)

ゲン ガン


▼漢字「元」の訓読み(かな)

もと


▼漢字「元」の名乗り

あさ ちか つかさ なが はじむ はじめ はる まさ もと ゆき よし


「元」の意味と画数 漢字の詳細


■元を使用している著名人

秋元 龍太朗 (あきもと りゅうたろう)
秋元 彩香 (あきもと あやか)
秋元 黎 (あきもと れい)
秋元 優里 (あきもと ゆり)
秋元 結衣 (あきもと ゆい)
秋元 才加 (あきもと さやか)
秋元 梢 (あきもと こずえ)
秋元 晏斗玲 (あきもと あんどれ)
石井 元気 (いしい げんき)
和泉 元彌 (いずみ もとや)
氏家 直元 (うじいえ なおもと)
枝元 萌 (えだもと もえ)
江成 正元 (えなり まさもと)
岡元 あつこ (おかもと あつこ)
岡元 次郎 (おかもと じろう)
小笠原 元枝 (おがさわら もとしげ)
鬼庭 綱元 (おににわ つなもと)
柿崎 元子 (かきざき もとこ)
夏木元 みなみ (かきもと みなみ)
木之元 亮 (きのもと りょう)
倉元 大気 (くらもと たいき)
坂元 由奈 (さかもと ゆな)
酒元 信行 (さけもと のぶゆき)
佐野 元春 (さの もとはる)
佐野 元哉 (さの もとや)
須藤 元気 (すどう げんき)
高橋 元太郎 (たかはし げんたろう)
竹若 元博 (たけわか もとひろ)
田中 元輝 (たなか げんき)
田中 聡元 (たなか そうげん)
玉元 光男 (たまもと みつお)
玉元 妙子 (たまもと たえこ)
玉元 一夫 (たまもと かずお)
玉元 正男 (たまもと まさお)
玉元 晃 (たまもと あきら)
辻元 舞 (つじもと まい)
鳥木 元博 (とりき もとひろ)
中元 すず香 (なかもと すずか)
中元 綾子 (なかもと あやこ)
梨元 麻里奈 (なしもと まりな)
梨元 勝 (なしもと まさる)
野元 愛 (のもと まなみ)
野元 空 (のもと そら)
野元 学二 (のもと がくじ)
元 ちとせ (はじめ ちとせ)
原嶋 元久 (はらしま もとひさ)
原元 太仁 (はらもと たいじ)
日野 元彦 (ひの もとひこ)
平方 元基 (ひらかた げんき)
深水 元基 (ふかみ もとき)
増元 裕子 (ますもと ゆうこ)
桝元 沙耶 (ますもと さや)
松本 元 (まつもと げん)
松本 元 (まつもと げん)
松元 環季 (まつもと たまき)
松元 夢子 (まつもと ゆめこ)
箕作 元八 (みつくり げんぱち)
元井 須美子 (もとい すみこ)
元井 美貴 (もとい みき)
元木 あき (もとき あき)
元木 大介 (もとき だいすけ)
四元 奈生美 (よつもと なおみ)
元を使用している著名人

■元と相性の良い漢字

漢字の画数を足した画数が、良い画数になる漢字同士は相性の良い漢字となります。 常用漢字と人名用漢字を基本とし、漢字の意味が不適切なものは除外して一覧を表示しています。


■最大吉の画数
1,13,16,23,32


■大吉の画数
3,5,6,21,24,29,31,33,37,39,41,45,47


▼合計が13画(最大吉)になる漢字

▼合計が16画(最大吉)になる漢字

▼合計が23画(最大吉)になる漢字

▼合計が5画(大吉)になる漢字

▼合計が6画(大吉)になる漢字

▼合計が21画(大吉)になる漢字

▼合計が24画(大吉)になる漢字

▼「元」と相性の良い漢字

「元」と相性の良い漢字

「元」と相性の良い漢字

■漢字辞典からのご案内

人類が研究し続けてきた「暦」という叡智から、時流の流れを掴むことを目的とした開運メルマガを配信中です。 時流を知ることにより、運という目に見えないものを感じ、好機を掴むことができるでしょう。


■漢字辞典からのご案内