漢字辞典
- 古代中国発祥の至宝 -
-画数と意味を知る漢字の世界-

  • Image 01

    古代中国黄河文明で生まれた漢字

  • Image 02

    その数10万を超えるとされている

  • Image 03

    各漢字は奥深い背景と意味を持つ

  • Image 04

    漢字の背景にある深い世界に迫る

漢字辞典 > 漢字の部首検索 > 部首とまた のぶん
 

■漢字の部首検索 目次


■部首とまた のぶんの漢字一覧表

漢字を構成するの部首「とまた のぶん」の漢字の一覧表になります。 漢字を構成する部首は、漢字を分類する基準として活用されています。 漢字を構成する部首の五行を考察することで、各漢字の共通の背景や五行の概念を考慮することができます。 対象となるのは常用漢字と人名用漢字になります。


▼部首とまた のぶんの一覧

部首とまた のぶんの一覧

▼部首とまた のぶん 常用人名用

6画 人 不

▼音読み:シュウ シュ
▼訓読み:おさまる おさめる
▼名乗り:おさむ かず さね すすむ なお なか のぶ もと もり もろ

7画 常 良

▼音読み:カイ
▼訓読み:あらたまる あらため あらためる
▼名乗り:あら

7画 常 不

▼音読み:コウ
▼訓読み:せめる
▼名乗り:おさむ せむ たか よし

7画 人 不

▼音読み:シ
▼訓読み:--
▼名乗り:つとむ

8画 常 不

▼音読み:ホウ
▼訓読み:はなす はなつ はなれる ひる ほうる
▼名乗り:おき ゆき ゆく

9画 常 不

▼音読み:コ
▼訓読み:ゆえ ゆえに ことさらに
▼名乗り:ひさ ふる もと

9画 常 優

▼音読み:セイ ショウ
▼訓読み:まつりごと
▼名乗り:おさ かず きよ こと すなお ただ ただし ただす なり のぶ のり まさ まさし まん ゆき

10画 常 可

▼音読み:ビン
▼訓読み:さとい
▼名乗り:あきら さと さとし すすむ つとむ と とし はや はやし はる みぬ ゆき よし

11画 常 優

▼音読み:キョウ
▼訓読み:おしえ おしえる おそわる
▼名乗り:おしえ かず かた こ たか なり のり みち ゆき

11画 常 不

▼音読み:キュウ ク
▼訓読み:すくう すくい
▼名乗り:すけ たすく なり ひら やす

11画 常 劣

▼音読み:ハイ バイ
▼訓読み:やぶれる まける
▼名乗り:--

11画 人 不

▼音読み:ジョ
▼訓読み:のべる
▼名乗り:のぶ みつ

12画 常 劣

▼音読み:サン
▼訓読み:ちる ちらす ちらかす ちらかる ちらし
▼名乗り:のぶ

12画 常 良

▼音読み:ケイ キョウ
▼訓読み:うやまう
▼名乗り:あき あつ いつ うや かた さとし たか たかし とし のり はや ひろ ひろし ゆき よし

12画 常 良

▼音読み:カン
▼訓読み:あえて
▼名乗り:いさみ いさむ つよし

12画 人 優

▼音読み:トン
▼訓読み:あつい
▼名乗り:あつ あつし おさむ つとむ つる のぶ よい

13画 常 不

▼音読み:スウ ス
▼訓読み:かず かぞえる
▼名乗り:かず のり ひら や

15画 常 劣

▼音読み:テキ
▼訓読み:あだ かたき かなう
▼名乗り:とし

15画 常 可

▼音読み:フ
▼訓読み:しき しく
▼名乗り:しき のぶ ひら

16画 常 良

▼音読み:セイ
▼訓読み:ととのえる ととのう
▼名乗り:おさむ ととのう なり のぶ ひとし まさ よし

検索結果 : 20 件


▼部首とまた のぶんと五行

部首とまた のぶんと五行

部首とまた のぶん 常用人名用

■漢字辞典からのご案内

人類が研究し続けてきた「暦」という叡智から、時流の流れを掴むことを目的とした開運メルマガを配信中です。 時流を知ることにより、運という目に見えないものを感じ、好機を掴むことができるでしょう。


■漢字辞典からのご案内