漢字辞典
- 古代中国発祥の至宝 -
-画数と意味を知る漢字の世界-

  • Image 01

    古代中国黄河文明で生まれた漢字

  • Image 02

    その数10万を超えるとされている

  • Image 03

    各漢字は奥深い背景と意味を持つ

  • Image 04

    漢字の背景にある深い世界に迫る

漢字辞典 > 漢字の部首検索 > 部首こざとへん おか
 

■漢字の部首検索 目次


■部首こざとへん おかの漢字一覧表

漢字を構成するの部首「こざとへん おか」の漢字の一覧表になります。 漢字を構成する部首は、漢字を分類する基準として活用されています。 漢字を構成する部首の五行を考察することで、各漢字の共通の背景や五行の概念を考慮することができます。 対象となるのは常用漢字と人名用漢字になります。


▼部首こざとへん おかの一覧

部首こざとへん おかの一覧

▼部首こざとへん おか 常用人名用

7画 常 不

▼音読み:ボウ ホウ
▼訓読み:ふせぐ
▼名乗り:ふせ

7画 人 可

▼音読み:ハン バン
▼訓読み:さか
▼名乗り:さか

8画 常 劣

▼音読み:ソ ショ
▼訓読み:はばむ けわしい へだてる
▼名乗り:--

8画 常 不

▼音読み:フ
▼訓読み:つく つける
▼名乗り:ちか つく ます より よる

8画 常 可

▼音読み:フ
▼訓読み:おか
▼名乗り:--

8画 人 不

▼音読み:ア
▼訓読み:くま おもねる
▼名乗り:お くま

8画 人 不

▼音読み:ダ タ
▼訓読み:けわしい
▼名乗り:--

9画 常 不

▼音読み:ゲン カン
▼訓読み:かぎり かぎる
▼名乗り:--

10画 常 良

▼音読み:イン エン
▼訓読み:--
▼名乗り:--

10画 常 劣

▼音読み:コウ ゴウ
▼訓読み:おりる おろす ふる くだる くだす
▼名乗り:--

10画 常 劣

▼音読み:ジョ ジ
▼訓読み:のぞく のける よけ
▼名乗り:きよ さる のき

10画 常 優

▼音読み:ヘイ
▼訓読み:きざはし
▼名乗り:きざ のぼる のり はし より

10画 常 不

▼音読み:カン
▼訓読み:おちいる おとしいれる
▼名乗り:--

10画 常 不

▼音読み:ジン
▼訓読み:--
▼名乗り:つら

11画 常 良

▼音読み:リク ロク
▼訓読み:おか
▼名乗り:あつ あつし くが たか たかし ひとし みち む むつ

11画 常 劣

▼音読み:ケン
▼訓読み:けわしい
▼名乗り:たか のり

11画 常 劣

▼音読み:イン オン
▼訓読み:かげ かげる かげり
▼名乗り:かげ

11画 常 不

▼音読み:チン ジン
▼訓読み:のべる
▼名乗り:かた つら のぶ のぶる のり ひさ むね よし

11画 常 可

▼音読み:トウ
▼訓読み:すえ
▼名乗り:すえ よし

11画 常 不

▼音読み:バイ ハイ
▼訓読み:したがう
▼名乗り:すけ ます

11画 常 優

▼音読み:リュウ
▼訓読み:さかん たかい
▼名乗り:お おき しげ たか たかし とき なが もり ゆたか

11画 常 不

▼音読み:リョウ
▼訓読み:おか みささぎ
▼名乗り:おか たか

11画 人 劣

▼音読み:カン
▼訓読み:おちいる おとしいれる
▼名乗り:--

12画 常 可

▼音読み:カイ
▼訓読み:きざはし しな
▼名乗り:とも はし より

12画 常 良

▼音読み:ヨウ
▼訓読み:ひ
▼名乗り:あき あきら お おき きよ きよし たか なか はる ひ や

12画 常 劣

▼音読み:タイ ツイ
▼訓読み:--
▼名乗り:--

12画 常 不

▼音読み:グウ グ
▼訓読み:すみ
▼名乗り:すみ ふさ

12画 常 可

▼音読み:ズイ スイ
▼訓読み:したがう
▼名乗り:あや みち ゆき より

12画 人 劣

▼音読み:エ ワイ
▼訓読み:くま
▼名乗り:--

13画 常 劣

▼音読み:カク
▼訓読み:へだてる へだたる へだたり
▼名乗り:--

13画 常 不

▼音読み:ゲキ ケキ キャク
▼訓読み:すき ひま
▼名乗り:--

14画 常 不

▼音読み:サイ セイ
▼訓読み:きわ
▼名乗り:きわ

14画 常 劣

▼音読み:ショウ
▼訓読み:さわり さわる
▼名乗り:--

14画 常 劣

▼音読み:イン オン
▼訓読み:かくれる かくす
▼名乗り:やす

16画 常 可

▼音読み:リン
▼訓読み:となり となる
▼名乗り:さと ただ ちか ちかし となり なが

16画 人 劣

▼音読み:ケン
▼訓読み:けわしい
▼名乗り:たか のり

検索結果 : 36 件


▼部首こざとへん おかと五行

部首こざとへん おかと五行

部首こざとへん おか 常用人名用

■漢字辞典からのご案内

人類が研究し続けてきた「暦」という叡智から、時流の流れを掴むことを目的とした開運メルマガを配信中です。 時流を知ることにより、運という目に見えないものを感じ、好機を掴むことができるでしょう。


■漢字辞典からのご案内